看護師は想像力が大切らしい

看護師は想像力が大切らしいという話をご紹介!


看護師は想像力が大切らしい

医師や看護師のお仕事をしている人は、とても勉強熱心です。やっぱり医学はどんどん進歩していますから、新しいことをどんどん学んでいく必要があります。だから、自分が勉強熱心かどうかに限らず、勉強をしないといけないわけですね。仕事が忙しいですが、それに加えて勉強会に出席をしたりと、かなり多忙な毎日のようです。

さらに看護部長や看護師長などの管理職ともなると、患者さんのケアに加えて後輩の指導や管理も行わなくてはなりません。管理職のセミナーに参加したり、自己啓発本を読む人もたくさんいるそうです。(管理職の看護師求人についてはこちらのサイトが参考になります)

そういえば、看護師さんというのは想像力がとても大切なお仕事だそうです。どういうことかといえば、想像力を鍛えることで患者さんの危険を察知したりできるそうです。このようなことを考えると女性の方が向いているお仕事かもしれませんね。女性の方が勘が鋭いと言われていますが、想像力が働いて救われている患者さんも多いのかもしれません。

医師や看護師というのは人の命を預かるお仕事ですので、かなり精神的なストレスがかかると思います。だから、たまの休日ぐらいはゆっくりとしたいと思うはずですが、そんなときでも勉強をしたりしないといけないこともあるわけですからね。つくづつ凄い仕事なんだなと思います。

ちなみに、看護師を志望している女性は多い印象ですが、看護師って不足しているそうですね。介護士は不足している印象がありますが、看護師も不足しているというのは少し意外な気がしました。