看護師と嫌い

看護師と嫌いをご紹介!


看護師と「嫌い」

看護師を嫌いな人もいれば、看護師が嫌いな人やこともあります。看護師の仕事に従事していながら、看護師の仕事が嫌いで堪らないという人もいるかもしれません。特に1年目の看護師など仕事が覚えられずに叱られたりして、毎日辞めることばかりを考えている人もいるかもしれません。

新人看護師のなかには、担当のプリセプターの先輩看護師が嫌いな人もいるかもしれません。看護師の仕事が嫌いだと思っているのは、何も1年目の新人看護師だけではないのかもしれません。それが証拠に看護師の離職率は、他の仕事と比べても高いようです。

でも看護師の仕事をする前から、看護師の仕事が嫌いで堪らないという人はいませんよね。もしそうであれば護師の仕事なんか、最初から選んでないはずです。ではいつ頃から看護師の仕事が、嫌いになったのでしょうか?1年目の看護師の頃は、誰でも辞めたくて辞めたくて仕方ないと言います。

もちろんなかには1年目から看護師の仕事が、楽しくて楽しくて仕方ないという人もいると思います。でも白衣の天使を夢見て看護師になって、1年以内に辞めていく看護師が1割以上もいるというのはやはりどこか異常です。本当は仕事が嫌いだ、と思っている人はほとんどいません。

どんな仕事でも、楽しいことばかりではありません。つらいこともたくさんあります。でも看護師の仕事が嫌いになるのは、別な理由があるからだと思います。看護師の仕事に夜勤や残業があってもどんなに大変でも、やりがいとか仕事の楽しさを見出している看護師もたくさんいます。

肉体的なきつさよりも人間関係のつらさの方が、大変なのかもしれません。いい先輩や上司に恵まれたなら、肉体的に多少つらくても仕事は続けられものです。もし将来、自分の子どもが看護師になりたいと言った時に、胸を張って勧められないような仕事であれば問題です。

ちなみに看護師が嫌いな患者さんのアンケート調査ではやはりクレーマーな患者さんが多かったようですが、それと何かと身体を触ってくる患者さんも嫌われています。当たり前といえば、当たり前ですよね。生活保護の受給者の方でアルコール中毒で入院している患者さんから「自分のお金で飲んでいる」と言われ、さすがにムッとしたそうです。

医療費も税金でタダな上に、酒代も自分たちの税金と考えると分かるような気がします。もし本当に嫌いな職場であれば、どこか他の病院に転職するのもひとつの選択肢です。看護師の転職支援サイトを上手に利用すれば、きっと看護師の仕事がまた好きになると思いますよ。

精神科看護師の給料相場について考えるページ