看護師1年目の結婚

看護師1年目の結婚をご紹介!


看護師1年目の結婚

独身率が高いと言われている看護師の仕事ですが、その理由として夜勤や残業がある過酷な勤務体制にもその一因があると思われます。看護師という仕事は彼氏ができても、よほど看護師の仕事に理解がないと続かないと言います。

看護師として入職する前に交際していれば、たとえ看護師になって働き始めても大丈夫のようです。たとえば看護学校の学生の時期は勉強で大変ですが、友人の紹介や飲み会などで男性と知り合い付き合い始めるケースは少なくありません。

つまり看護師と知り合って付き合うのは難しくても、自分の彼女が看護師になるのは許せるようです。一見同じように思えますが、やはり大きな違いがあるようです。夜勤や残業がある看護師と知り合って付き合う場合は、その交際相手の男性が女性のことをよく理解する前に別れてしまうケースが多いようです。

自分の彼女が看護師になる前に知り合い付き合い始める場合は、もうすでにその彼女が分かっています。その後に彼女が看護師になるわけですから長続きします。ただ看護師1年目の結婚となると、難しい問題もあります。それは看護師1年目は、やはりどこに入職してもツライものだからです。

結婚そのものはとてもお目出度いことですが、看護師1年目は看護師として学ぶことがたくさんあります。そんな時に結婚すれば家庭と仕事の両立ができるのか、口には出さなくても周りの人間は危惧します。これまで彼氏だった相手も、結婚してご主人となればこれまでのようにはいきません。

それと結婚すれば、妊娠の可能性も高くなります。いくら避妊を心掛けていてももし妊娠した場合は、産休を取れば復職してもまた一からやり直しになります。それに周りに白い目で見られて、復帰することが出来なくなることさえあります。

また看護師1年目の看護師の、1割以上が毎年辞めています。その1番の理由は、「理想と現実のギャップ」です。分かりやすく説明すると、それだけ看護師の仕事は、想像以上に大変だと言うことです。そのため看護師1年目で結婚すると、逃げ場を作ってしまいます

職場でツライことがあれば「専業主婦になればいいや」とか、「他の仕事に転職して夫婦で共働きすればいいや」と思っても不思議はありません。これは他の仕事でも同じだと思います。まだ入社して1年目に上司に「結婚することになりました」と報告しても、素直には祝福してもらえないでしょう。

まして看護師にとって1年目は、他の仕事と比べてもより大変です。やはり結婚の時期を選ぶべきでしょう。

公務員の看護師の給与事例について