<看護師の業務>徹底解説ガイド

看護師の業務をご紹介!


看護師の業務

病院で颯爽と働く看護師の姿を見て、憧れて看護師を目指す方も少なくないと思います。怪我や病気をして実際に病院を訪れ、どんなに忙しくても笑顔を絶やさない看護師の姿を見て憧れを抱く男性もいます。そこで今回は忙しい看護師の一日の業務とは、どのようなものなのかをご説明していきます。

看護師の業務と言っても、看護師が働く場所は病院だけとは限りません。さまざまな勤務形態がありその勤務先によって仕事内容は異なります。たとえば病院で働く看護師の業務は主に、医師の診断や治療の補助的な役割や患者さんとその家族のお世話になります。

入院患者さんがいる病院で働く看護師の業務は具体的には、朝のカンファレンスと呼ばれる申し送りからスタートします。カンファレンスとは夜勤担当の看護師から、入院されている患者さんの病状などの報告を受けます。そしてその報告をもとに入院患者さんの検温・測脈・血圧測定などのチェックを行います。

バイタルサインのチェックが終わったら患者さんの体拭きや、足浴・手浴などの入浴の介助などを行います。また検査などが必要がある患者さんに対しては検査をしたり、リハビリが必要な患者さんに対してはリハビリを指導します。そのあいだに患者さんのベッドのシーツを変えたり、清潔にするのも看護師の業務のひとつです。

さらに看護師は入院患者さんの、食事の介助や服薬の準備もあります。入院患者さんのお世話だけではありません。外来患者さんのために注射や、採血などを行うのも看護師の業務です。また入院患者さんの手術が行われる場合には、その準備に追われます。手術後も患者さんの看護やお世話があります。

もし新人看護師のプリセプターなどをしていたら先輩看護師として、新人看護師の達成目標に向かって業務のチェックやアドバイスを行います。さらにリーダーであれば入院患者さんを担当することはありませんが、医師と他の看護師との連絡や入退院する患者さんに関する指示なども行います。

入院患者さんがいる病院の場合は日勤・夜勤の2交替制と、日勤・準夜勤・深夜勤の3交替制があります。2交替制の場合には病院によっても違いますが、夕方の16時半から翌朝の9時半頃まで勤務をします。もちろん夜勤の時には、仮眠を取る時間があります。

これは入院患者さんがいる、一般的な病院の場合の看護師の業務です。ICU(集中治療室)に所属したり、診療科によっても業務内容は異なってきます。また訪問介護などであれば清拭・陰部洗浄・シャワー入浴・オムツ交換などの業務の割合が多くなります。